今の湘南ベルマーレに思う事

未分類
07 /28 2014
※批判的な内容なんで嫌な人は見ない方がいいです!

現時点で湘南ベルマーレは22勝1敗と圧倒的な力を見せつけている。

ですが中々観客動員数が伸びないです。

7月28日現在で7926人と素晴らしい功績を残してるのにスタジアムでは空席が見える現状の原因を個人的に妄想してみます。

とりあえずハッキリ言うと僕は今のベルマーレがあまり好きではないです。

好きなクラブなんですけど2012、2013と比べると何とも言えないモヤモヤを抱えてます。

一番の理由としては僕が湘南ベルマーレを好きになった理由が「地元の選手が躍動をする姿が目立つチームだから」というのがありました。

チョウさんの体制になって開幕戦の京都サンガ戦のスタメンを見た時に下部組織出身の選手の多さに感動しました。

鎌田翔雅、遠藤航、古林将太、菊池大介、馬場賢治。京都戦ではメンバー入りはしてないものの猪狩佑貴が在籍してます。

当時マリノスしか見てなかった自分には財政も厳しいクラブが地域と一体となって戦う姿は本当に熱くなれる物がありました。

今年は残念ながら遠藤航、菊池大介、古林将太、白井康介の4名のみの在籍+古林将太が開幕前に怪我で離脱してしまい航と大介だけが主力でプレイしてる形になっています。

ベルマーレフットボールアカデミーが2015年までにトップの半数を下部組織出身にすると言ってたのも難しい現状になってて少しズレを感じたりもします。

ポジティブに言うならば秋元、丸山、三竿、菊池俊介、岡田と言った在籍1年目の選手と更に加入後いきなりゴールを決めた樋口の戦術理解能力の高さも褒め称えるべきですけどもっともっと下部組織出身の選手には頑張ってほしいなと。

それと下部組織出身でなくても長い帰還ベルマーレに在籍してる選手の奮起も願ってます。樋口と似たようなタイプの祐也なんてもしかしたら来年いないかもと思うとちょっと不安な気持ちです。

実はそういう下部組織出身の選手が少なくなったのも動員が伸びきらない要因の1つなんじゃないかなぁとも思ってます。

ただ勝つんじゃなくてベルマーレらしく勝つ。僕の思うベルマーレって↑でも言った通り地元の選手が躍動する事だと思うんですよ。

贔屓起用するなとは思わない。でも今の日本でも有数のフードパークにベルマーレクイーンの存在。面白いサッカーもあるのに人が増えないってそういうとこなんじゃないかなと。

もしかしたらJ2でも良いからユース出身を中心にしたクラブの方が愛されるクラブになる可能性もあるかもしれないですしね。

これからのベルマーレの姿をしっかりと見ていきたいです。

嫌いとか言ってるけど真剣に好きだからこそ悩ましいです。
スポンサーサイト

白井よーむ

Jリーグが好きです。マリノスを愛してる。野球も横浜が好きです。
ラブライブが大好き。にこ、希、絵里が好きです。
普段はツイッターにいます→https://twitter.com/shiraiyoumu