埼玉スタジアム2002で感じたJリーグのあるべき姿

マリノス
04 /20 2015
2015さいすた

結果は1-2の敗戦。埼玉スタジアムで負けるのはやはり一段と悔しい。

試合内容の振り返りとかもしたいのですが、どうしてもそれ以上に書きたい事があって今回はその話題を中心に。


お昼頃にスタジアムに到着してスタジアム外のフードパークのテーブルで雑談をしていたら浦和サポーターの方が声を掛けてくれました。

「お兄さん達、今日俊輔はメンバーに入ってるんかい?」

結果的にこの日俊輔はメンバー入りしてなかったんですが「敵だけど俊輔は特別な選手で好きだから気になっちゃうね!見れるといいなぁ」と言っていただけました(*´∀`)

浦和サポーターの一部の方の行為で印象が悪くなってますが、本来は良い人ばかりなんです。

他の浦和サポーターの方にも声を掛けてもらってサッカーのお話で30分近く盛り上がる事ができたりと初めての経験をする事ができました。

浦和サポーターはサッカーが好きで相手選手にブーイングを飛ばしてもリスペクトを忘れてる訳ではない人が大半というのを感じました。

一部の行動で悪いイメージが先行してますが、そのイメージを覆される場面として強く記憶に残りましたね。

殺伐としていがみ合うのも悪くはないですけど、その行為はJリーグの中では損をしてしまう事が多いですしね。

試合中は敵同士でも試合の前後でお互いを称え合ってこんな話をできるJリーグが僕は大好きです!

でも次戦う時はぶっ潰します( ˘ω˘)
スポンサーサイト

白井よーむ

Jリーグが好きです。マリノスを愛してる。野球も横浜が好きです。
ラブライブが大好き。にこ、希、絵里が好きです。
普段はツイッターにいます→https://twitter.com/shiraiyoumu