マネーフットボールという漫画が面白い

サッカー:その他
10 /30 2015


こんばんわ。今日から大学祭の関係で5連休になりました…!

この連休を有意義に使っていきたいとこですね(*´∀`)

さてさて、今日はこのマネーフットボールという漫画の面白さについて書きたいと思います。

某ドメサカブログで話題になったこの作品。気になってた所を兄が買ってたので読ませてもらいました。

…大方の感想通りJリーグのファンならこれはかなりのめり込める作品です。

作者さんが愛媛FCのサポーター?の方が描いてて原案のチームは愛媛FCが題材となっています。

浦和レッドスターというチームから2人の選手がレンタル移籍で愛媛イーカッスルに行くのですが、片方の選手はレンタルバック、もう片方はもう1年レンタルとなってしまいます。

もう1年レンタルになってしまう選手が主人公で低予算のクラブの現状、データで見るサッカーを触れて成長をする物語です。

お金の無いチームがどうやって上位に喰らい付くか、1つのプレーにはいくらの価値があるのかと見てて面白かったです。

後者の方の例なのですが、同じ位の出場時間で同じポジションでの選手AとBがいるとします。

それでも年俸はAの方が200万円高い。

データを分析してみるとAの方がパスの本数が200本多かったとします。

そうすると1本のパスには1万円の価値がある…こんな感じでデータからお金を読み取ったりとデータ大好きな人間にはたまらない視点でしたw

2巻からは横浜のチームから小柄な天才ドリブラーが登場します。

学をモチーフにしてるみたいなのでマリサポには必見の内容です!

地方チームの現状を知る事で日本のサッカーをより深く知る事ができます。

ジャイキリの視点は「監督」でしたがこのマネーフットボールはより一層「チームの内部」に軸を置いてます。

それでも試合の描写はリアリティもあるし現実の事象をモデリングしてるので導入がしやすいです。

個人的にはしれっとマリノスの社長の嘉悦さんに非常に似てる方がいるのが高評価でしたw

ぜひぜひ多くの人に読まれると良いなーと思ってます(*´∀`)
スポンサーサイト

白井よーむ

Jリーグが好きです。マリノスを愛してる。野球も横浜が好きです。
ラブライブが大好き。にこ、希、絵里が好きです。
普段はツイッターにいます→https://twitter.com/shiraiyoumu