VS福島ユナイテッドFC戦 気になった選手まとめ

ベルマーレ
01 /29 2017

4-0で勝利したベルマーレ。

午前中にも練習試合があって出場する選手は限られていましたが、その中でも気になった選手を自分のメモも兼ねてピックアップして書いていきます。

①秋野央樹
左のボランチで70分程の出場。

左CBとして出場した杉岡が追い越す動きをすれば空いたスペースを埋める動きはしっかりとこなしていました。

ビルドアップの時はとにかくミスが少なく、バイアが時間を作りたい時に顔を出して受けて戻して両CBを開かせる時間を作る事ができていたのは好印象でした。

展開を変えるパスもできていてかなり安心して見る事ができました。

流石レイソルでレギュラーとして出ていた選手というのを感じます。

低い位置でのセットプレーのキッカーもしていたので本当にいると助かる選手です。

今日はあまり見られなかったですが、カウンターを受けた時の対人守備がシーズンに入ってどうなるかが少し気になりましたね。

左ストッパーで使うよりもボランチで360度の視界でやらせた方が活きる選手というのが個人的な感想でした。

順調にいったらまず核となれる選手と予想しています。


②山田直輝
前線の組み合わせが野田とジネイでスタートして2人に前に張ってもらってトップ下的なポジショニングを取っている感じでした。

60分間のプレーでアシスト、ゴールはなかったですが動きは昨年の終盤から馴染んでいたのもありハマっている印象です。

前でタメが作れている分持っているスキルを存分に発揮して違いを作れていました。

ドリブルで運んでそのまま勝負もしつつスルーパスも狙っていて点に絡もうとしているのが随所に感じられました。

アーリア、大竹が抜けて仁もまだすぐには復帰ができない中でこのポジションで違いを作れる数少ない選手の1人です。

この形がリーグ戦でもやるなら本当に代えの効かない選手になりそうな予感がします。

球際の強さ、ビルドアップが苦しい時に降りて繋ぎに参加する等攻守共にボールに関わろうとする意欲が見られたので、今年はかなり数字に出るのではと期待します。


③野田隆之介
75分程プレーして1ゴール

産能大との練習試合で一番印象が良かったのが野田でした。

今日の試合でもあの体格なのに精力的に走っているのはかなり脅威になっていました。

それと同時に怪我の多さもこういう所からなのかなと思うと元マリノスに所属していた矢島卓郎を連想しちゃいます。

中央だけでなく、サイドにも流れてWBと崩しに行く所もある等ジネイとはまた違った良さを出していました。

終盤に1トップをしていた時は疲れもあってパワー不足を感じさせましたが、ファーストディフェンスもサボらずこなしていて評価はかなり上がっています。

湘南らしい頑張れる選手なので見てる人からすると応援したくなるのも個人的には好きな所です。

不安なのは今日も接触で痛む場面があってひやひやしたので、とにかく怪我だけ気をつけて貰いたいです。
スポンサーサイト

白井よーむ

Jリーグが好きです。マリノスを愛してる。野球も横浜が好きです。
ラブライブが大好き。にこ、希、絵里が好きです。
普段はツイッターにいます→https://twitter.com/shiraiyoumu