VSベガルタ仙台 自分達の魅力は何なのか?

マリノス
03 /04 2016
1457000415164.jpg

ブログもろくに書かないのはよくないと思って色々考えた結果、やっぱりサッカーの事を考えてるのが一番楽しいのでサッカーの事を書きます( ˘ω˘)

さてさて、そんな訳で開幕戦は残念ながら0-1の黒星スタートとなってしまったマリノス。

前日の練習を見てた身からすると、見てて非常に不満の残る試合でした。

そこらへんをちょっと振り返って見ます。


何がよくなかったって選手の距離感が悪すぎました。エリクも認めてましたけど、マリノスのサッカーは「縦」を意識しています。

前田にタッチ数を少なくしろと注文をつけてるように、リズミカルに繋いで連動性のある攻撃をしたいとずっと思っています。

練習の鳥かごでもとにかくタッチ数にはこだわります。

無駄にタッチ数を多くして速度を落とすのはエリクはとにかく嫌います。

それなのに仙台戦の前半は明らかに選手間の距離が長く、ダイレクトプレーをするにはかなりの技術が求められるようになりました。

ここらへんは上手く仙台にやられたなぁと思っちゃいます…ベガルタが選手間の距離感を広くして剥がしに来てる印象でした。

なにせマリノスの中盤で状況を打開できるのが現状学のみなので、他の選手なら奪われてもリスクが少ないと感じました。

センターバックにプレスが強く来ないのであれば、サイドハーフを低くするためにベガルタはロングボールを上手く供給。

ウイルソンを潰しきれずに苦しい試合に。しかもウイルソンは学のいるサイドに流れてきて学が守備に追われてポジションが低くなる悪循環でした。

何で負けたかを考えると、本当にうまくベガルタに試合をコントロールされた印象です。

後半からプレスをCBに対して仕掛けていってようやく試合のテンションも上がって、やり返せました。

前半の内から修正できたらと思うと悔やまれます…問題を認知して解決はできてるだけにもどかしいとこです。

後半からは押し気味に進めて、途中から入ったテルと敬真がギアを上げてくれたのも好印象でした。

翔、敬真、テル、学が前に並ぶとサイズはないけど、相手からしたら嫌でしょうしオプションになったら良いなぁ。

なんとか福岡には勝ってもらわなきゃ。課題を消化して、今度はらしさをこれでもかと見せてゴールを見たい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

白井よーむ

Jリーグが好きです。マリノスを愛してる。野球も横浜が好きです。
ラブライブが大好き。にこ、希、絵里が好きです。
普段はツイッターにいます→https://twitter.com/shiraiyoumu